ダンス・ダンス・ダンスール:ジョージ朝倉(著)のネタバレ感想!男らしさって何?

MENU

わたしが書いています♪



 

こんにちは、育児と家事に追われる主婦『ミルク』ですっ♪
チョコレートケーキと、テイラー・スウィフトの音楽と、漫画が大好き!
そんな管理人がオススメする、女性コミックのネタバレサイトですっ♪

サイトマップ、関連ページには
いろんな漫画のネタバレが『あいうえお順』に並んでいます♪



ダンス・ダンス・ダンスール:ジョージ朝倉(著)

こんにちは、育児と家事に追われる主婦『ミルク』ですっ♪
チョコレートケーキと、テイラー・スウィフトの音楽と、スマホで読む漫画が大好き!

 

 

 

新しく読んだ作品は、こちら!
ダンス・ダンス・ダンスール:ジョージ朝倉(著)

 

 

 

本当はバレエがやりたい潤平だけど
バレエは男らしくないと、周りから言われて……

 

 

この先、ネタバレあらすじに入りますので
先に無料試し読みしたい方は、こちらをどうぞ♪

 

 

 

無料試し読みはこちらから
※『ダンスダンス』と検索しましょう♪

 

 

 

 

ダンス・ダンス・ダンスールのネタバレあらすじ

 

 

 

バレエを習っている姉ちゃんの発表会で
プロの凄さを目の当たりにした、小学生時代の潤平

 

 

 

熱しやすい性格なもんだから、帰ってすぐに
パパに向かって『バレエがやりたい』と言ってみた。

 

 

 

だけどパパは、『もっと男らしいことしろよ』と反対してくる。
『たとえば、ジークンドーっていう格闘技なんかどうだ?
 パパの友達が同情やってるんだけど』

 

 

 

そんな説得をされても、潤平の心はバレエへまっしぐら。
その場でくるくる回って見せたところ
これがまた、初めてとは思えないほどビシッと決まっちゃう!

 

 

 

パパもピンと来たのか
『よし、分かった。やってみろ』

 

 

 

 

ところがどっこい
いざバレエ教室に通い始めてしばらくすると
学校の男友達が、偶然にも教室から出てくる潤平を見て

 

 

 

『変な奴、バレエなんて、女かよ』
とバカにしてきた!

 

 

 

キレた潤平は、すぐさま殴りかかる。
それでもバレエへの情熱は消えなかったんだけど……
パパが突然、この世を去るまでは……

 

 

 

 

◆パパの死

 

 

心筋梗塞で、突然この世をさった、潤平のパパ…

 

 

 

お葬式で、パパの知り合いから声が掛かる。
例のジークンドーとかいう、格闘技の先生だった。

 

 

 

先生は言う。
『これからは、お前が姉ちゃんと母ちゃんを守らなきゃな。
 男の子なんだから』

 

 

 

男の子なんだから、って言葉には
強くならなきゃな、って意味も含まれていて…

 

 

 

だから潤平はバレエをやめ、格闘技を習い始めるのだった。

 

 

 

 

◆中学生になり

 

 

 

中学生になった潤平は、クラスの男子の誰よりも強くなっていた。
遊びで殴り合いのまねごとをしても、クラス1の俊敏さを見せつける!
とび蹴りだって、バッチリかっこよく決まる!

 

 

 

思春期なもので、異性にも興味が出てきた潤平♪
気になるのは、2年になるタイミングで転校してきた『五代都』♪
泣きぼくろがキュートな女の子だ。

 

 

 

 

ある日の午後。

 

 

 

学校が終わって帰宅し、ジークンドーの道場に向かおうとした潤平の前に
五代都が現れたではないか!
いきなり、名前まで呼ばれたりして♪

 

 

 

まさか、告白?

 

 

 

と喜ぶ潤平をよそに、都は言う。
『学校でやってたとび蹴り、見せて』

 

 

 

気になる女子にそう言われちゃ、やらないわけにはいかない。
潤平がさっそく、とび蹴りを披露してやると…

 

 

 

『それ、バレエのジャンプでしょ?』

 

 

 

そして都は、その場で自分もとび蹴りを放つのだった。
スカートが捲れて、パンツ丸見えになるのもお構いなしに♪

 

 

 

で、こう言ってくる。
『一緒に、バレエやろうよ』

 

 

 

そのまま案内された先は
都のママが先生をやっているというバレエ教室だった!

 

 

 

まだ生徒は来てないけど、都のママが出てきた。
都は、ママに向かって
『潤平くんは、バレエの天才だと思うの』

 

 

 

何言ってんだ?
と思う潤平…

 

 

 

『俺は男だし、バレエなんか、やるなんて言ってねえぞ』

 

だけど心では

 

こいつ(都)、俺のこと好きだろっ!!

 

 

 

都のママは
『少なくとも10歳から始めないと
 天才のふるいからは落とされてるのよ。
 そもそも、バレエなんかって言う子に、教える気はないわ』

 

 

 

そんな台詞を聞いた潤平は、突然、シュタッと踊り始める!
それがまた、粗削りながらも見事な演技で!

 

 

 

踊っていて、自分が輝いているのを感じる潤平!

 

この感じ、知ってる…

 

 

 

だけど都のママは、やっぱり貶してきた。
『そんなのは、バレエじゃないわ』
心の中では、びっくり仰天しているのだけれど…

 

 

 

といったところで、ネタバレあらすじはおしまいですっ♪

 

 

 

この後、潤平は
ジークンドーと並行して、バレエを習い始めます。

 

 

 

都のママも、潤平の才能を見出して、潤平のいないところで
『とんでもない大器かもね』
みたいな台詞を言ったりするんですね。

 

 

 

ダンス・ダンス・ダンスールの感想

 

 

気になる女の子にいいところを見せようとする男心が
潤平のハートを突き動かす原動力の1つなのでしょうね。

 

 

 

潤平自身も、ジークンドーとバレエとを比較して
自分がキラキラ輝くのは、バレエのほうなんじゃないかと
認めたくはないながらも、ちょっとずつ認めていきます。

 

 

 

この先、『るおう』というライバルも登場して
ドラマティックな展開が、ますます盛り上がっていきますよ〜

 

 

 

まんが王国なら、会員登録しなくても
スマホで、無料試し読みできます。
ちょっとした合間にでも、ぜひ読んでみてくださいね♪

 

 

 

まんが王国はこちらから
※『ダンスダンス』と検索してね♪

 

 

 

 

 

トップページに戻る