からかい上手の高木さんのネタバレ感想!好きだからこそ、からかっちゃう?

MENU

わたしが書いています♪



 

こんにちは、育児と家事に追われる主婦『ミルク』ですっ♪
チョコレートケーキと、テイラー・スウィフトの音楽と、漫画が大好き!
そんな管理人がオススメする、女性コミックのネタバレサイトですっ♪

サイトマップ、関連ページには
いろんな漫画のネタバレが『あいうえお順』に並んでいます♪



からかい上手の高木さん:山本崇一朗(著)

こんにちは、育児と家事に追われる主婦『ミルク』ですっ♪
チョコレートケーキと、テイラー・スウィフトの音楽と、スマホで読む漫画が大好き!

 

 

 

新しく読んだ作品は、こちら!
からかい上手の高木さん:山本崇一朗(著)

 

 

 

 

男の子って、好きな女の子をいじめたりするよね。

 

 

 

女の子だって、好きな男の子をからかったりするのさ♪

 

 

 

この先、ネタバレあらすじに入りますので
先に無料試し読みしたい方は、こちらをどうぞ♪

 

 

無料試し読みはこちらから
※『からかい上手』と検索しましょう♪

 

 

 

からかい上手の高木さんのネタバレあらすじ

 

 

 

中学生の西片は、隣の席に座ってる高木さんをギャフンと言わせるべく
創意工夫を凝らして、『いたずら返し』を模索する日々を送っている♪

 

 

 

いつもいつも、高木さんにからかわれてばかりだから
今度こそ、今度こそ、という思いで生きているのだ!

 

 

 

だけど、いつもいつも
高木さんのほうが一枚上手で・・・

 

 

 

西片をからかうのが趣味の高木さんは
クリエイティブないたずらで、今日もまた西方をからかってくるわけね。

 

 

 

筆箱が開かないから開けて、と言われて開けてみると
なんとそれは、典型的なビックリ箱!!
飛び出してきた犬の顔に、西片はびっくりしちゃう。

 

 

 

授業中だけど、高木さんのからかいは
容赦なく西片を襲ってくるのだ。

 

 

 

『西片って、ホンットいい反応してくれるわー』
と、高木さん大満足♪

 

 

 

西片は、悔しさに顔をゆがめる。

 

くっそー、またまんまとやられたぁ
どうすれば、高木さんをはずかしめられるんだ?

 

 

 

そんな思案をしていると、高木さんが西片に振り向いて
『消しゴムかして』
と言ってきた。

 

 

 

『消しゴムに好きな人の名前書いて、使いきることができたら
 両想いになれるって話、あったよね?』

 

 

 

『ああ、そんな話、あったね。
 今考えると、子供だよな』

 

 

 

高木さんは、西片から借りた消しゴムのケースを外しながら
『ふーん、子供ねえ』

 

 

 

『なんだよ? 何も書いてないだろ?』
 
まさかオレ、知らない間に書いちゃってたのか?
ウソだ・・・
 
『返してくれよ。違うんだよ。きっと誰かが書いたんだよ・・・』

 

 

 

返してもらった消しゴムには、何も書いてない。
またしても、からかわれたのだ!!

 

 

 

先生はついにキレて
『うるせえよ』と注意してきた。

 

 

 

悔しがる西片をよそに、高木さんは手を上げて
『トイレいってきていいですか?』

 

 

 

教室を出た高木さんの隙をついて、西片はひらめく。
今のうちに、高木さんの消しゴムに誰かの名前を書いてやれ。

 

 

 

で、高木さんの消しゴムを取って、ケースをちょっぴり外してみると
すでに何か書いてあるではないか!!

 

 

 

見たらまずいか?
いや、一文字くらいなら・・・

 

 

始めの字は『ろ』だった。

 

 

 

オレじゃないな・・・
と、ちょっと落胆する西片が可愛い♪

 

 

 

くそ、見てやる!
と思って、一気にケースから取り出して見ると
『ろうかをみろ』と書いてあった。

 

 

 

廊下を見やると、なんと高木さんがこっちを見てにやけているではないか!

 

 

 

や、やられた!!

 

 

 

で、席に戻った高木さんは言う。
『ホントいい顔するわね。
 思い通りの行動してくれるし。
 これだから、西片からかうの、やめらんないわ』

 

 

 

『いつか絶対に、からかって恥ずかしがらせてやるからな』

 

 

 

『ムリだと思うよ〜
 二分の一のの大チャンスを逃すようじゃねえ』

 

 

 

『二分の一って、何?』

 

 

 

実は『ろうかをみろ』の裏側には、『西』の字が書いてあったのだ!
きっとその下には『片』って書いてあるんだね♪

 

 

 

 

◆とある休日

 

 

西片は朝一で、本屋さんに買い物に来ていた。
誰にもばれずに買いたかった本があったのだ。

 

 

 

やったぜ・・・
誰にも見られずにGETできた。
あまり人のいない本屋を選んだのは正解だったぜ。

 

 

 

と思いながら本屋を出た瞬間

 

 

 

『おはよ、西片』

 

なんと、一番厄介な高木さんが声を掛けて来たではないか!

 

 

 

『何してんの?』

 

 

 

なんとかごまかそうとする西片。
だけど、喋れば喋るほど墓穴をほっちゃう!

 

 

 

『「爆裂、最強サッカー」を買ったんだ』
男子には人気があるが、女子には興味がない漫画だ。

 

 

 

すると、高木さんは
『見せて』と来たもんだ!

 

 

 

なんとか断ろうとする西片だけど、高木さんは執拗に食らいついてくる。
そそくさと帰ろうとすれば、横に並んで一緒に歩き出すし。

 

『せっかく会ったんだし、ちょっと歩こうよ』と♪

 

 

 

仕方なく一緒に歩き出した西片に向かって
『私にウソついてるでしょ?』

 

 

 

ギクゥ

 

 

 

『爆裂なんとかなんて、買ってないんでしょ?
 ウソついてまで隠すような、恥ずかしい本買ったの?』

 

 

 

たじたじになる西片に、高木さんは追及をやめない。
『普通の恋愛漫画だよね。「100&%片思い」って』

 

 

 

『なんで知ってんのぉ?』

 

 

 

『西片がレジにいたとき、タイトル見えちゃったから』

 

 

 

西片は、男のくせに恋愛漫画にはまってるのが恥ずかしかったようで
『誰にも言わないでほしいんですけど・・・』

 

 

 

『どうしよっかなぁ』と、いじらしい目を向けてくる高木さん。
『私にウソ吐いてたしなぁ』

 

 

 

『ゴメンなさい・・・なにとぞ・・・』

 

 

 

すると高木さん、案外あっさりと
『分かった。言わないよ』と言ってくれた。

 

 

 

でも信じられない西片は、ちょっとしつこく問い詰める。

 

 

 

『じゃあこうしよう。
 私も、自分の秘密を教えてあげる。
 そうすれば、少しは安心でしょ?』

 

 

 

『・・・まあ』

 

 

 

『じゃあ、耳かして』

 

高木さんが西片の耳にひっそりと囁いた言葉は

 

『私、西片のこと、好きだよ』

 

 

 

あまりの衝撃に、西片は固まっちゃう♪
すぐさまパニックになって、顔を真っ赤に染め上げちゃう♪

 

 

 

『あっはは。ホントすぐに赤くなるね、西片は。
 西片が私にウソついたから、私もお返ししてやったんだよ』

 

 

 

『え? あ・・・ウソか・・・
 ビックリしたよ』

 

 

 

『うん。ウソだよ。
 ウソに決まってるでしょ』

 

 

 

『だよね』
西片は、表情も声も、ちょっとがっかりしてる。

 

 

 

並んで歩きながら、高木さんは思う。

 

ヒミツなんかじゃないもん

 

 

 

 

といったところで、ネタバレあらすじはおしまいですっ♪

 

 

 

からかい上手の高木さんの感想

 

 

好きな男の子をからかう高木さんが、とっても可愛らしいです。
いたずらされて、いちいち慌てふためく西片もね♪

 

 

 

なんだかんだいって、お似合いのカップルになりそうですね〜
そういう展開の漫画ではないですけど。

 

 

 

ちょっとイタズラしてみたい相手がいるなら
こちらの漫画がいろいろとご指導してくれますよ〜

 

 

 

 

まんが王国なら、会員登録しなくても
スマホで、無料試し読みできます。
ちょっとした合間にでも、ぜひ読んでみてくださいね♪

 

 

まんが王国はこちらから
※『からかい上手』と検索してね♪

 

 

 

 

 

トップページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

彼女はソレを我慢できない
こんにちは、サイト管理人のミルクですっ♪家事や育児の合間に、スマホで漫画を読んでリラックス♪今回は、彼女はソレを我慢できないのあらすじ、ネタバレ、感想を紹介していきますね。
ぼくの輪廻
ぼくの輪廻のあらすじ、ネタバレ、感想を紹介しています。人気レディースコミックのネタバレを、分かりやすくコンパクトにまとめてみました♪
湯神くんには友達がいない
こんにちは、サイト管理人のミルクですっ♪家事や育児の合間に、スマホで漫画を読んでリラックス♪今回は、湯神くんには友達がいない:佐倉準(著)のあらすじ、ネタバレ、感想を紹介していきますね。