湯神くんには友達がいないのネタバレ感想!面の皮の熱さは、まさに天下一品♪

MENU

わたしが書いています♪



 

こんにちは、育児と家事に追われる主婦『ミルク』ですっ♪
チョコレートケーキと、テイラー・スウィフトの音楽と、漫画が大好き!
そんな管理人がオススメする、女性コミックのネタバレサイトですっ♪

サイトマップ、関連ページには
いろんな漫画のネタバレが『あいうえお順』に並んでいます♪



湯神くんには友達がいない:佐倉準(著)

こんにちは、育児と家事に追われる主婦『ミルク』ですっ♪
チョコレートケーキと、テイラー・スウィフトの音楽と、スマホで読む漫画が大好き!

 

 

 

新しく読んだ作品は、こちら!
湯神くんには友達がいない:佐倉準(著)

 

 

 

 

誰にもこびず、我が道を行く!
そんな湯神くんの魅力を、たっぷりとご覧あそばせ〜

 

 

 

この先、ネタバレあらすじに入りますので
先に無料試し読みしたい方は、こちらをどうぞ♪

 

 

 

無料試し読みはこちらから
※『湯神くん』と検索しましょう♪

 

 

 

 

湯神くんには友達がいないのネタバレあらすじ

 

 

綿貫ちひろは、高校2年で転校した。

 

 

 

となりの席には、『湯神』なる男子生徒がいたのですが
この男に、ほとほと困らせられちゃうことになるのです!

 

 

 

この湯神なる人物は、いわゆる変人でして…

 

 

 

初対面は、駐輪場でのこと。
学年別に置き場所が決まっているのだけど
守らない奴も、ちらほらいる。

 

 

 

そんな時、湯神くんは
容赦なくどかして自分の自転車を置くのですっ。

 

 

 

ちひろが、自転車の置き場所がなくて困っていたところ
湯神くんが、ルールを守っていない自転車を退かしてくれて♪

 

 

 

そんな感じで、最初は『いいひと』と思ったんだけど…

 

 

 

いざ教室に入って、同じクラスの、しかも隣同士の席になると
湯神くんは、寒いのに窓を開けっぱなしにしたりして…

 

 

 

ちひろが
『寒いから閉めてくれます?』
と言ってみれば

 

 

 

『いやだ』と来たもんだ。
しかも、『俺も、寒い』とか言ってくる!

 

 

 

『じゃあ閉めれば?』

 

 

 

『こんな30人以上いるクラスで、密室にしたら
 どれほど空気が汚れると思ってんだ?
 二酸化炭素が溜まる感じが、すごく気持ち悪いんだよ。
 毒ガスみたいなもんなんだぜ。
 寒いほうが、毒ガス吸うよりマシだろ?』

 

 

 

とまあ、偏屈なことを言いやがるわけですっ♪

 

 

 

 

◆なかなか友達ができない、ちひろ

 

 

転校してから、なかなか友達ができないちひろは
相変わらず湯神のとなりの自分の席で
一人寂しくお昼を食べるのが日課だった。

 

 

 

湯神にも友達はいないから(いないというより、1人が好きらしい)
必然的に、2人で並んで食べることになる。

 

 

 

『湯神くんって、カレーパンそんなに好きなの?』
と、ちひろから話し掛けてみれば

 

 

 

湯神は
『あんた、まだ1人で弁当食ってたのか?』

 

 

 

『今までずっと、そうだったでしょうが!!』
ちひろは、ちょっとお怒りの表情…

 

 

 

『友達、できないのか? 
 作った方がいいぞ。集団に属さないと、やっていけないからな、女は。
 待ってるだけじゃ、できないんだぞ。分かってるのか?』

 

 

 

話し掛けるんじゃなかった…

 

 

 

 

◆湯上くんは、野球部のエース

 

 

 

2年生ながら、野球部のエースを張っている湯神くんだけど
先輩からは扱いにくい奴と思われ、後輩からも面倒がられてる。

 

 

 

ひょんなことから
野球部の練習試合をベンチで観戦することになったちひろは
マネージャー(同じクラス)の久住と女子トークし始める。

 

 

 

『湯神とまともに話せるなんて、根性あるよ』と久住は言う。
『よく友達になれたねえ』

 

 

 

『いや、友達じゃないよ…』

 

 

 

 

 

 

このときの対戦相手のエースは、林山という2年生で
湯神とは、小学校時代に同じチームに属していた。

 

 

 

小学校時代、湯神と林山とは
エースの座を争ったライバルだったのだ。

 

結果、後から野球部に入部した湯神のほうがエースとして生き残り
林山はそれ以来、湯神を目の仇にして生きてきた。

 

 

 

そんな状況にもかかわらず、湯神は林山を完全に忘却!

 

 

 

それで林山は、それまでの調子を一気に崩してしまう!
自分が目の仇にしてきた湯神に、完全に忘れ去られていたことが
よほどショックだったらしい…

 

 

 

チームメイトやちひろは、林山の気持ちを慮って
守備が終わってベンチに引き返してきた湯神に対し
『忘れられるなんて、かわいそう』

 

 

 

すると湯神は
『忘れてゴメンナサイ、なんて言えば、奴の心が救われるのか?
 俺は悪いことをしたなんて、これっぽっちも思わない!
 俺には俺の、価値観があるんだ!』

 

 

 

『あなたの価値観って?』

 

 

 

湯神はドヤ顔を作って
『俺はウジウジと過去の人間関係に脳の容量を使うつもりはない!
 なぜならば、俺は友達とかそういったものをを
 まったく必要としない人間だからだ!』

 

 

 

なんという、面の皮の厚さ!!

 

 

 

といったところで、ネタバレあらすじはおしまいですっ♪
続きは本編で読んでみてくださいね♪

 

 

 

湯神くんには友達がいないの感想

 

 

とにかくハチャメチャに笑える作品ですっ!

 

 

 

湯神の、ある意味孤高とも言える生き様は
ちょっと尊敬すらしたくなってきちゃいますよっ♪

 

 

 

それにしても
なぜまともな女子高生であるちひろに、友達ができないんでしょう?

 

 

 

その原因は、湯神にあったのです!

 

 

 

湯神と親しくしているふうな雰囲気を出してるから
クラスの女子から、避けられていたのです。

 

 

 

まあ、それほど湯神のキャラクターは
女子からも敬遠される存在ってことですね。

 

そしてそれを、まるで気にも留めないところが
湯神のメンタル面の強さというか、無神経さというか……

 

 

 

 

まんが王国なら、会員登録しなくても
スマホで、無料試し読みできます。
ちょっとした合間にでも、ぜひ読んでみてくださいね♪

 

 

 

まんが王国はこちらから
※『湯神くん』と検索してね♪

 

 

 

 

 

トップページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

彼女はソレを我慢できない
こんにちは、サイト管理人のミルクですっ♪家事や育児の合間に、スマホで漫画を読んでリラックス♪今回は、彼女はソレを我慢できないのあらすじ、ネタバレ、感想を紹介していきますね。
からかい上手の高木さん
こんにちは、サイト管理人のミルクですっ♪家事や育児の合間に、スマホで漫画を読んでリラックス♪今回は、からかい上手の高木さん:山本崇一朗(著)のあらすじ、ネタバレ、感想を紹介していきますね。
ぼくの輪廻
ぼくの輪廻のあらすじ、ネタバレ、感想を紹介しています。人気レディースコミックのネタバレを、分かりやすくコンパクトにまとめてみました♪